真宗大谷派(本山:京都・東本願寺・お東さん)  二十四輩 第22番 唯信房開基


ご あ い さ つ

唯信寺ホームページをご覧頂き有難うございます。
笠間街道沿い宍戸城の城主であった宍戸知家の三男・義治は、
若い頃から仏教に興味を持ち、稲田の草庵におられる親鸞聖人の
もとを盛んに訪ねて行きました。22歳で聖人の教えに帰依し、
唯信と名のった義治は、以後聖人のそばにあり、奥郡外森という
地(現在地未詳)に唯信寺を建てました。現在地に移ったのは
1667(寛文7)年のことで、戦災等をのりこえた親鸞聖人御影などの
法宝物を蔵します。

第26世 釈 将 順 ( 宍 戸 将 )




法 要 ・ 法 話 の ご 案 内

〜 一期一会のご仏縁としてご関心のある方は
親鸞聖人のみ教えに会うためお気軽にご参加下さい。 〜

春のお彼岸お中日ご法要
秋のお彼岸お中日ご法要

13:00法要、13:30法話

春季永代経法要
秋季永代経法要

法話開始は午前10時
13:00法要、13:30法話

報恩講法要(御日中)
法話開始は午前10時
13:00法要、13:30法話

正午より昼食が出されます。会館でお燈明料およそ2000円、ご喜捨頂きお席にお付き下さい。
その後本堂で法要並びに法話が開催されますのでご参加下さい。

法話の会
19:00〜20:30
お燈明料1,000円 開催場所:門信徒会館


※日常の喜怒哀楽の生活を通して、自己の心のよりどころや
生きがいを見出す為の道しるべや示唆を仏法に照らして模索する
大切な機会です。分かりやすく理解しやすい法話で20数年来寺
頂いてファンも多いです。




永代合葬墓のご案内

跡継ぎや身寄りのないなど、様々な事情から、お墓を護っていくことが
難しいと思われる方々の不安を解消するための永代合葬墓です。
ご本人以降、合葬墓の管理はお寺で行います。とこしなえに諸仏として
讃嘆供養いたします。
また、合葬墓をご縁として諸行事や法話会に参加くださり、
お念仏のみ教えに触れていただければと存じます。

備考

・納骨堂には三十年まで安置し、以後合祀にて永代法要します。
・毎月1回、納骨堂前にて法要いたします。
・年に1度、合同法要を行います。(参列自由)
・生前のお申し込みもお受けいたします。
・年回忌法要等のお申し込みも可能です。(別途ご相談下さい。)

※対象者は笠間市友部地区内に限定させて頂きます。



お墓の分譲について

坪数 : 1坪と1.5坪の2種です。
詳細につきましては、現地をご覧頂きご相談下さい。


※対象者は笠間市友部地区内に限定させて頂きます。







無料カウンター


2015年3月26日更新